有限会社アベ冷熱技研 -TechnicalService ABE-
お問い合わせ

MENU

エアコン設備工事

オール電化・電気設備工事

テレビ受信設備工事

インターネット・電話・LAN設備工事

ボイラー設備工事

お支払い・保証について
技能士ってどんな資格?

技能士の資格ってナニ?

技能検定は、労働者の有する技能を一定の基準によって検定し、これを公証する技能の国家検定制度であり、労働者が自らの努力と経験によって身に付けた技能と知識を検定するもので、この検定の合格者は、職業能力開発促進法に基づき「技能士」(例:1級建築大工技能士)と称することができるのです。(名称独占資格)。

技能検定の職種は建設関係だけでなく、食料品・衣服・窯業など114種類もの職種があり、技能検定制度開始から平成25年度までの累計で、延べ約385万人が合格して技能士となっています。

「国がその個人の腕(技能)を認めました」という意味の資格ですから、合格しなければその仕事ができないというものではありません。

お客様が施工業者を比較検討されるときには、社会的評価のある技能士の方に依頼されることをお薦めします。

愛媛県技能士会長賞の盾
技能検定ポスター
厚生労働省「技能検定制度の概要」

一級冷凍空気調和機器施工技能士合格証書

技能検定は、受験者の実務経験年数に応じて、受験できる等級が決まります。
いくら腕に自信があっても、経験年数が少なければ受験資格が与えられません。

試験は、「実技試験」と「学科試験」から成り、成績優秀者には記念の盾と表彰状が授与されます。

冷凍空気調和機器施工技能士とは?

等級は1・2・3級から成り、冷凍・冷却及び空気調和機器の種類・構造・機能及び用途について詳細な知識を持ち、据付け及び整備に使用する機械及び器工具の種類・構造及び使用方法、高圧ガス取締法などの関係法令について十分な知識を有する者。
また、冷凍空気調和機器の据付け・分解・組立て、冷媒配管の加工・溶接などの施工、故障箇所の発見・修理、気密試験及び機能試験ができる者とされています。

1級の受験資格は、7年の実務経験が必要。(ただし、2級に合格していれば、2年の実務経験で受験可能)
2級の受験資格は、2年の実務経験が必要。(ただし、3級に合格していれば、実務経験無しで受験可能)
3級の受験資格は、半年の実務経験が必要となります。

注意: 1・2級受験には、労働安全衛生法による免許証(ガス溶接作業主任者免許に係るもの又はガス溶接技能講習修了証等)の携行を要する。

建設業法施行規則の一部を改正する省令及び国土交通省告示(平成15年2月20日公布)により、平成15年3月1日から、建設業許可の際に有資格とする技術者資格及び経営事項審査の評価対象として、職業能力開発促進法に基づく「冷凍空気調和機器施工」技能検定試験合格者が対象に含まれることとなり、この資格の社会評価が一段と高まりました。


【 技能士関連サイト 】

厚生労働省:技能検定制度

中央職業能力開発協会(JAVADA)

全国技能士会連合会:匠の技ネット


Copyright(C) 有限会社アベ冷熱技研 All Rights Reserved.